マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸を中心に全国で実施します。

学び直しのビジネスマナ―研修

研修メニュー(例)

 
1日目

3時間
他者に与える印象を磨き、プラスの印象でお客様や関係者と信頼を築く


◇ 研修の目的 ◇ マナーとは
◇ CS(顧客満足)の考え方
  • 顧客満足の原理
  • 7つの顧客心理を理解する
◇ 第一印象の重要性 ―
ノンバーバルコミュニケーション(非言語表現スキル)を磨く
〈好感度を高める5つの要素〉
  • 挨拶&返事は心を開く鍵
  • 表情 ― 豊かな表現力を身に付ける
  • 身だしなみチェックシート ― 他者視点で自分を評価する
  • 立ち居振る舞い ― 心が伝わる美しい基本動作の習得
  • 言葉遣い ― 言葉の使い方は常識と教養のバロメーター
  • 敬語の使い分け よくある敬語の誤り 接遇用語


2日目

3時間
行き届いた電話応対、マナーに沿ったビジネスメール、名刺交換で
安心感・信頼感を高める 
(ロールプレイ中心)

◇信頼に繋がる電話応対 ~電話は会社のレベルを測るものさし~
  • 電話の特性
  • かける側のマナー
  • 受ける側のマナー
  • 取り次ぎ電話
  • 不在電話/伝言電話
  • 実践ロールプレイ
◇ ビジネスメール 自社の印象を下げないポイント、私用メールとの形式の違い
◇ 好感の持たれる名刺の扱い
  • 名刺の持つ意味
  • 扱い方10ポイント
  • 実践ペアワーク



3日目

3時間
来客時の応対に重点を置き、
ワンランク上のビジネスマナーを実践的に身に付ける
(ロールプレイ中心)



◇心を開き満足度を高めるワンランク上の応対
  • 座席の順位
  • お出迎えの基本心得
◇接客動作の確認
  • 物の受け渡し
  • 方向の指し示し
  • 受付/案内の仕方
  • お見送り
◇茶菓のマナー
  • 茶器の取扱いポイント
  • ホスピタリティが伝わるお茶の出し方
◇応対実践ロールプレイ
  • 来客の流れに沿ってマナーの側面を確認



4日目

3時間
信頼して仕事を任され、職場のコミュニケーションを円滑にし、
効率的に仕事を進めるために、
仕事で必要なコミュニケーションの基本を習得する
(ロールプレイ・ワーク)

◇指示・命令の受け方
  • 受け方6ポイント
  • 命令を受ける態度6ポイント
◇報告・連絡・相談
  • 報告の原則
  • 報告のポイント
  • 報告の態度4ポイント
  • 連絡とは
  • 相談のマナー
  • 忠告の受け方
◇成功事例・失敗事例から学ぶグループワーク
◇「会社の経営理念」・「目標」と連動した「自己の目標」設定 ― 宣言

 


<期待できる効果>
・自社の顧客層が求める水準以上のサービスを提供できるよう、「顧客満足」の考え方とその心を表現して伝える「接遇スキル」が身に付きます。
・「応対する社員の印象」=「会社の印象」となるため、全員がビジネスマナー、コミュニケーション能力、ポジティブ思考等を身に付けることで、社員間のばらつきを無くし、会社の信頼と評価を高めます。
・過去の経験を通していつの間にか身に付いてしまった固定観念や仕事のやり方を見直し、もう一度基本を押さえて自信と誇りを持って仕事に取り組めます。