マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸・大阪を中心に全国で実施します。

RSS

大阪の企業様で新人フォローアップマナー研修


大阪の企業様で新人フォローアップマナー研修

大阪の化学金属の企業様で、製造部門と業務部門の方に新人フォローアップのマナ―研修を実施しました。
 
入社から6ヶ月が経ち、「職場に馴染んで意欲的に仕事をされているだろうか?」と、
いつもドキドキしながら色々な企業様に伺いますが、さすがは経営理念のしっかりしたお会社。
「どうすればもっと会社に役立てるか」との新人さんの思いが伝わってきて、頼もしく嬉しく思いました。
 
新人フォローアップマナー研修では
①実際の業務を担当した上で、ビジネスマナーを復習し、
②仕事のコミュニケーションである「指示命令の受け方」・「報連相」を徹底、
③「来客応対」・「他社訪問のマナー」を実技中心に実施しました。
 
仕事だけでなく「人間としての成長」を大切になさる社長の思いにお応えしたいと、にこやかに熱く務めました。
 
 
<ワンポイントマナー>
 
「指示命令の受け方」、「報連相」は仕事で不可欠なコミュニケーションですが、
これが抜けてお客様からクレームが出たり、職場の人間関係がギスギスすることはよく見聞きします。
 
報告は下から上に、連絡は関係先にですが、伝える関係は変わっても言うべき相手にもれなく伝える事が大切。
 
上司から「あれどうなった?」と聞かれたら、「もう遅い」という感覚を持って欲しいと思います。
上司は意外と遠慮して、聞きたいところを我慢しているものです。
 
「正確な報告をタイムリーに」
果たして自分はできているだろうか? 今一度見直すきっかけにして、信頼を得ていただければ幸いです。
 
報連相が当たり前にできるようになると職場の雰囲気も変わります。
意思疎通がスムーズな職場は「それ先に言っといて欲しかった」などの感情のもつれや叱責が減るので、仕事も楽しくなり、職場に活気が出てきます。
伝達不足によって起こるミス、行き違い、確認作業、やり直し等のムダなエネルギーがなくなりますように。

講師養成講座 2期生初級が無事終了しました

カテゴリ : 講座について
講師養成講座2期生初級無事終了

講師養成講座2期生の初級全6回が無事終了しました。
 
大阪や神戸から来られた皆さん、それぞれ専門の分野をお持ちの上に、謙虚で内面外見ともに素敵な方々。
ご自身を磨いてキャリアアップしたいと向上心ある中にも、ユーモアもたっぷりでメンバー同士すっかり仲良しに。
私自身とても楽しく講座をさせていただき感謝です。
初級ではビジネスマナー全般をお伝えしましたが、模擬講義の腕も上げられ、最終日はアドバイスの箇所を探すのが難しい位でした。
講座中に企業研修でアシスタントをお願いしたり、講師としてご担当いただいた方もいます。
 
働き方改革が言われていますが、一部の効率だけを優先すると、一歩間違えば職場がギスギスしたりメンタル不全になるリスクも高まります。
上司と部下、メンバー同士のコミュニケーションを円滑にして、働く人をハッピーにしたい。
同じ理念の講師仲間が増えれば、人が簡単に辞めない、働きがいのある職場が拡がります。
そんな素敵な仕事をする仲間を増やすために、これからも講座を続けて参ります。

新入社員フォローアップ研修

カテゴリ : 研修について


大阪・神戸を始め、全国で官公庁や国際会議の記録をされている会社様に、新入社員フォローアップ研修に伺いました。
 
入社して数ヶ月。
学生時代とは全く違う環境で、無我夢中に働いてきた新人さんが、どのくらい成長し、また適応しているか。
いつも期待と少しの不安を伴いながら会社に伺います。
 
お会いした新入社員の皆さんは、配属されたそれぞれの職場で、日々新しいことを吸収しながら実務をされていて、メンタル不全の方は見当たらずホッとしました。


社長からは「目に見えて育ってきており、頼もしい限りです」と喜びのお言葉をお聞きし、私のモチベーションも「フォローアップ」いただきました。
ご依頼いただいたからには「頼んで本当に良かった」とご満足いただけるよう、
明るく分かりやすくを心掛けながら、長い目で見てプラスになると思えば厳しいこともお伝えするようにしてします。
「普段、直接言いにくいことを外部から言って欲しい」とのご要望も多く、研修を通して社内で高め合える雰囲気づくりも私の仕事の内と思っています。

面白いのは、正確さを要求される職業にはそういう方が集まるということ。
「メモしてくださいね」と言わずとも、猛烈な勢いでメモを取る姿勢に、「さすが速記のお会社だわ!」と妙に感心しました。
緻密な作業に、ミスがあってはならない責任と影響力の大きい業務。
色々な業界に伺う中で、それぞれの適正に合った方が残り、活躍されていると感じます。

アシスタント講師もしっかりと実技をサポートしてくれ、私にとっても「頼もしい限り」の研修運営となりました。

大阪の大手住宅メーカー様での接遇マナー研修

カテゴリ : 研修について
大阪の大手住宅メーカー様での接遇マナー研修

大阪・神戸・京都の大手住宅メーカーのベテランの皆様に「接遇マナー研修」に伺いました。

入社時に研修をして終わりではなく、こうしてご自宅訪問前にも再度徹底されるので、
お客様からの信頼が長年にわたり得られるのだと感じます。

会社の研修施設に伺う度、様々な階層別研修が同時進行で実施され、
全国から集まった社員の方々が受講されています。
「企業は人なり」を地で行かれていると毎回感心します。
 
お客様宅訪問やクレーム対応の実技をメインに熱心にご受講いただき、
最後の決意表明ではベテランの方でもこんなに意識が変わるのだと感銘を受け胸が熱くなりました。
研修責任者の方の熱意で、大きく成果が上がることを目の当たりにした1日でした。



〈ワンポイントマナー〉

「クレーム対応」と「限定謝罪」について

クレームを言う時、お客様にあるのは会社と担当者への不信感です。
クレームを真摯に受け止める姿勢が伝わるとお客様は安心します。
クレームを大きくしたり長引かせないためにも、お客様の気持ちに寄り添った謝罪
によって、信頼を取り戻しましょう。
対応によっては「クレームこそファンづくりのチャンス」とも言えます。
 
限定謝罪とは「不快な思いをさせたこと」や「ご不便をおかけしたこと」等、
何に対しての謝罪であるかを明確にした、部分的な謝罪の仕方のことです。

クレームの詳細がはっきりしないまま全面的にお詫びすると、お客様の思い違いや
こちらの説明不足があった場合に複雑になり、その後の対応がこじれることがあります。

事実確認をして、自社側に非があった際は迅速に誠実な謝罪と対応をしましょう。
それがお金で買えない長年の信頼を築いていくことになります。

大学での秘書検定2級の結果

カテゴリ : 学校関係
大学での秘書検定2級の結果

京都の大学で指導した秘書検定2級の結果が出ました。
念願の合格率100%!(全国平均70.3%)
 
これまでの最高97%(100人受けて97人合格)を更新、皆良く頑張りました!
全員が受かったことがとても嬉しく、皆が喜んでいる顔が浮かびます。
 
就活等で欠席した学生には次回に残ってフォローしたりと、できることはしましたが、
とても感じの良い向上心のあるメンバーで、今回は全員合格してもおかしくないと感じていました。
就職活動でも高い評価を受けることと思います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ