マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸を中心に全国で実施します。

RSS

部下の人望を集めるリーダーシップ

カテゴリ : 研修について
部下の人望を集めるリーダーシップ

今月は心に残るビジネスマナー研修が続きました。
社員の心をとらえ「この会社のために頑張ろう」と思われるトップには共通項があると感じました。
 
1.広告代理店ではデザイナーの皆様に「第一印象アップ&報連相研修」。
社長は「ベテラン社員が『今さらマナー?』とならないか心配」とおっしゃっていましたが、杞憂に終わり、和気あいあいと盛り上がりながらも熱心に習得されていました。
最後の目標宣言で「報連相でチーム力を上げ、会社の利益に貢献したい」、「顧客視点で考え、会社のファンを作る!」など社員の皆様の意識の変化に、社長が締めの挨拶で「皆が働きやすい良い会社にしていく」と声を詰まらせ、私も目頭が熱くなりました。
 
2.訪問看護の看護師・介護士研修では「ご利用者の心に届くポジティブな言葉遣い」を実施。
ご利用者は世話をされる立場のため、看護・介護者の言葉で傷ついても口に出せない事実を知っていただき、①不安を取り除き、②自尊心を高める表現、キャリブレーションのワーク等をしました。
社長は『命の輝きを支える、介護職の社会的地位を高める』との熱い志で、社員の誇りと待遇を高めるために行動されています。
 
3.鉄工所の新人フォローアップ研修×3回では、最終日に皆さんとランチをいただいた際に、経営者奥様の控えめでさり気ない気配りの数々に思わず脱帽しました。
その都度、新人にも解説して伝えたので良い勉強になったと思います。
人財育成はロールモデルが効果的。会社でも最初ツンとしていた新人が、感じの良い先輩に付いたらソフトな人当たりに変わっていくのを多数見てきました。
年の近い先輩がメンター制(ブラザー・シスター制)などOJT をしている企業は離職率が低いと感じます。また研修先で、社長が育成で新人に鞄持ちをさせている会社もあります。
 
「理念を掲げ、自ら率先垂範するリーダーシップが、部下の人望を集めている」と実感した5月でした。

女性経営者の会で実施した「人材育成セミナー」

カテゴリ : 研修について

女性経営者の会で実施した「人材育成セミナー」

先日、神戸の女性経営者会で「効果的なリーダーシップ・マネジメント」の人材育成セミナーを実施しました。
皆さん人の悩みは尽きませんが、部下に真摯に向き合う姿勢がさすがでした。

シートでご自身のリーダーシップ・マネジメントの分析をしてもらい、多くの研究者の理論がある中、25年間人材育成に携わり、また200社以上の経営発表を拝聴してきた中で、腑に落ちたものを選んでお伝えしました。

マネジメントは「社員の成熟度・タイミング」により、効果的なアプローチが違うと感じています。
組織を伸ばしているトップは「目標管理能力」と「人間関係への配慮」が共に備わっていますが、「目標管理」が行き過ぎると「ノルマ管理」となり、部下の意欲が失われますし、また「人間関係への配慮」のみでは成熟したメンバーには有効であっても、新人は何をして良いのか分かりません。
また同じ部下に対しても「自信家」の精神状態の時と「自己肯定感が低下」している時では選ぶ言葉を変えた方が響きます。
部下とのコミュニケーションで望むような反応が返ってこない場合、イラっとするよりも相手をよく見てアプローチ方法を変える方が効果的だと感じています。

『また行きたい商店街No.1へ 笠松流おもてなし』 ~接遇マナーアップ編~

カテゴリ : 研修について
笠松商店街様マナー研修
先日、神戸の和田岬にある笠松商店街様でマナー研修を実施しました。
子供が小さい時はヴィッセル神戸の応援で近くを通っていた懐かしい場所。
商店街活性化の取組の一環として定期的に様々な勉強会をされているそうです!
パン屋さん、カフェ、歯医者さん、食料品店、介護etc…と幅広い業種でしたが接客の本質は同じ。
目の前のお客様をどれだけハッピーにできるか、真心が無いと応用が利きません。
商品を勧める時もネガティブアプローチではなく→ポジティブアプローチを意識した言葉の使い方や、
ユニバーサルマナ―もコストをかけなくてもスタッフの心遣いでカバーできる事例など具体的にお伝えしました。
ワークも和気あいあいと盛り上がり、最後は皆さん理念のこもった心に響く「自己プレゼン」でビシッと締めてくださいました。
2018-01-25 00:00:00

研修とセミナー

カテゴリ : 研修について
メンタルヘルスセミナー

この一年も多くの企業様に研修のご依頼をいただきお声がけくださることに心から感謝しております。
また先日は、大阪府の「OSAKAしごとフィールド」で、経営者・人事責任者対象の「メンタルヘルスセミナー」を実施しました。
満席で、傾聴ワークやディスカッションも大変盛り上がり、メンタル対策への関心の高さを実感。
最後は皆さんの温かい拍手に私も癒された気持ちになりました。
終了後は残られた各社の質問に対応させていただきましたが、「内定者繋ぎとめ研修」から「定年退職者に対するサポート」と幅広いご相談内容に、皆さん「人」のことで悩んでいらっしゃると実感しました。

2017-11-17 00:00:00

各地の営業マナー研修で感じた地域性

カテゴリ : 研修について
ワンポイントマナー

6月から12月にかけて大阪・京都・仙台・佐賀・埼玉・東京と複数の企業様で「営業マナー研修」を実施しましたが、単一民族&狭い日本にもかかわらず地域性を感じました。
関西や首都圏では自宅に畳が無いという方もいる中、東北や九州では全員が「お客様宅では和室に通されたことがある」とのことでした。
急遽、洋室より和室での立ち居振る舞いを中心に進めました。
電話応対でも、関西や首都圏では語尾を伸ばすと「バカにしている」とクレームになることが多いですが、東北では「伸ばした方が親和性が高まるのであえてそうしている」という方が大半でした。
業界や会社の規模・顧客層により、求められる内容・水準が違ってきます。
来社する顧客の期待値よりも5%アップの応対で満足度を高めていただければと思います。

〈ワンポイントマナー〉
*和室での立ち居振る舞い*
現代では和室のない家も増えてきているので、和室の作法を親から学ぶ機会も減りつつあります。日本人として次の世代に伝えていきたいものです。
◇挨拶の仕方◇
和室では目線の高さで人間関係を図るので、挨拶する時には座布団を外し下座側に正座をし和の挨拶をします。
◇座布団の前と後ろ◇
座布団は一辺が輪になり残りの三辺は縫ってあります。輪の部分が正面で、座った時に膝前が来ます。
◇座布団の表と裏◇
見分け方をご存知ですか?
縫い目のきせで判断します。上から下方向に側地が覆いかぶさる方が表です。
片面に房がある場合はそちらが表です。



2015-12-24 00:00:00

1 2 3 4 5 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ