マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸・大阪を中心に全国で実施します。

RSS

神戸・大阪の河野鉄工所様 新入社員研修

カテゴリ : 研修について
神戸・大阪の鉄工所様の新入社員研修

今月は月末まで研修と授業が続きます。

一昨日は研修ダブルヘッダー。
午後からの河野鉄工所様(神戸・大阪・東京に拠点)に急いで移動すると、
いつもながら最寄駅に車でお迎えに来てくださっていて、
すでに若手が車から降りて、寒い中を直立不動で待機。すぐに重い荷物も持ってくださり感激しました。
 
案内の仕方(エレベーター・廊下・ドアの開閉)も昨年の研修でお伝えした事が、
全て途中入社の方にも伝わっていて、実践くださり感動。
その上、その日の内に全員の「研修の感想・目標」が届きました。早いです!
 
MG・EG研修やQOL研修など内定者も含めた全社員が受講でき、
「こんなに人材育成を大切にしてくれる会社、目から鱗です!」と途中入社の方がおっしゃっていました。
 
今月こちらに5回もビジネスマナー・コミュ二ケーション研修に伺います。
社員も増え、オフィスも広がり、右肩上がりの経営、学ばせていただきたいです!


<ワンポイントマナー>

世間ではマナーができていなくて実際にクレームもあります。

「今日の研修を受けることでマナーを武器にお客様を皆さんのファンにして欲しい」、
「『さすが○○会社さんだ』と安心感・信頼感を持たれて、
『担当があなたで良かった。また○○会社さんにお願いしたい』と、お客様に喜んでいただきながら、次の契約が取れる。
そう言った武器を差し上げたい」とお伝えしました。
 
加えて職場の仲間とも、ぜひマナー・コミュニケーションを生かして良い関係を築いていただきたいと思います。
離職を防ぐ大きな要因でもありますし、チームで仕事をしている組織はしなやかですから。

大阪の鹿島化学金属様の2年目社員研修

カテゴリ : 研修について
大阪の鹿島化学金属様の2年目社員研修

大阪の鹿島化学金属様に「2年目社員ステップアップ研修」で伺いました。
 
ベアリングの高い技術力と迅速・丁寧な対応力を武器に、大阪だけでなく東京、海外にもグローバルに展開されています。
 
「立場が人を育てる」といいますが、部下や後輩ができることで自覚が生まれ格段に成長します。
 
そのタイミングで、「先輩社員に期待されること」・「後輩指導法」について考え、
「傾聴」・「メンタルヘルス」・「社内文書(報告書)」についてもお伝えしました。
 
フォローアップ研修以来、半年ぶりにお会いしましたが、やる気に溢れた若者の発言に、充実した会社生活ぶりが伺えました。
 
<ワンポイントマナー>
 
2年目ステップアップ研修の目的の1つに、
「社内外でのコミュニケーションを円滑にし、上司と後輩の橋渡し役にもなれるよう『傾聴スキル』を高める」がありますが、
新人の退職率が低く、学生からの移行が上手く行っている会社は、年の近い先輩がペアで付いて指導している所が多いように感じます。
メンター制、ブラザー・シスター制として取り入れている所も多いかと思います。
 
音痴のカナリヤの雛は音痴になると聞いたことがありますが、ロールモデルの効果は大きく、
会社でも最初ツンとしてお客様かしらと思う様な愛想のない新人でも、
感じの良い先輩に付いたら、よく気の付く人に変わって行ったのを目の当たりにしてきました。
 
良いお手本を見せるOJTの効果を活用していただければと思います。

神戸のサロンりびはだ様オープニングスタッフ研修

カテゴリ : 研修について
神戸のサロンりびはだ様オープニングスタッフ研修


神戸のオーガニックコスメとアロマのサロン「りびはだ」様でオープニングスタッフの接遇マナー研修を実施しました。

コスメとアロマだけでなく、フェイス・ボディケアもご専門です。

「体に加え、心もスッキリ晴れ渡るような気持ちになっていただける『癒し空間』を提供したい」との社長の想いにお応えしたいと、
お出迎えから案内・誘導・説明・カウンセリング・お見送り等、ワンランク上の接遇をロープレ中心にお伝えしました。

より良いサロンに向けて新規スタッフの方も含め皆で提案し合い、全員に主体者意識が醸成されたと感じました。良いチームになっていかれると思います。
幅広い専門知識とキャリアに加え、最高のホスピタリティでサロンのファンやリピーターが増えていきますように。

サロンはこちら→ https://rebihada.jp/

中小企業経営者の皆様にプチ人材育成セミナーを実施しました

カテゴリ : 研修について
中小企業経営者の皆様へのセミナー

神戸や大阪の中小企業経営者22名の皆様に「プチ人材育成セミナー」を実施させていただきました。

マナー研修やキャリアコンサルティングで多くの企業に伺いますが、経営者・社員それぞれに人の悩みが一番根深いと感じております。
これまで25年人材育成に関わってきた中で、多くの失敗をして、悩んで見つけてきたことをお伝えしました。

またワークでリーダーシップの分析をしていただき、様々な理論がある中で、PM理論や状況対応理論など、自ら経験して腑に落ちたものを幹部や社員の具体例を入れながらお伝えしました。
 
<ワンポイントマナー>
人材育成でお話したことの中から、今日は3つご紹介いたします。

①信頼関係がベース
年間数百人の人と関わり、幾度もの失敗を重ねて悩んだ結果気付いたことは「どれだけ正論を言っても信頼関係が築けていないと聞く気にならない」という当たり前の事でした。
企業でも研修に行って、できていない所を最初からあれもこれも指摘すると、最後まで社員さんが下を向いたまま抵抗を示すので、まずは関係構築を意識しています。
 
②小善は大悪に似たり大善は非情に似たり 
京セラ創業者の稲盛和夫氏に教えていただき、これまで感じてきたことと一致しました。
叱り方によってパワハラと言われ難しい時代ではありますが、いい加減なこと間違ったことは叱っているという方と、嫌われるのが怖くて言えない方もいらっしゃるかと思います。
私もつい迎合しそうな時がありますが、一見優しそうに見えても結果として部下をダメにするだけでなく、側で聞いている人も不信感を持ちます。小善です。
相手にとって何が本当に良いのか大善で判断するようにしてから、人がついてきてくれるようになりました。
 
③タイミングがガキ 
勤務年数重ねてから人間が変わるのはエネルギーがいります。
まさに「鉄は熱いうちに打て」です。
講師仲間も「2年生から授業を担当するより、新入生の1年を担当すると素直でやりやすいわ」と感激していました。
新卒も途中採用も入社後早い段階で、幹部研修も昇格させるタイミングで実施すると心理的に効果大です。
マーケティングも同じで、自己啓発のビジネス誌でも「新春特別価格」など人が前向きになるタイミングでキャンペーンをしています。
もうすぐ新年度。人が前向きになるタイミングをぜひ人材育成に生かしていただければと思います。

神戸の訪問看護・介護「まいらいふ様」でのコミュニケーション研修

カテゴリ : 研修について
神戸の訪問看護・介護「まいらいふ様」でのコミュニケーション研修

神戸の訪問看護・介護「まいらいふ様」でのコミュニケーション研修。
 
『命の輝きを支える』を理念に、社長の”介護を変える、社会を変える“との決意に共感して、定期マナー研修を実施しています。

今回はセクショナリズムとまでは行かないまでも、職種間の微妙な意識の壁をなくすために、
 
①相手を尊重しながら自分も大切にする、「アサーション」のグループワークと
②無意識に相手に貼っているレッテル、ラベリングを取り、思考の枠組みフレームを外して、「チームの仲間をポジティブに見る』ワーク を実施しました。
 
毎日一緒に働いていても、言葉にして初めて伝わるものだと、
お互いに手渡すメッセージ内容ともらう側のこぼれる笑顔✨を見て、
改めて伝えることの重要性を実感しました。
ファシリテーションしながら、私まで感銘を受けた研修でした。
 

<ワンポイントマナー>
 
人は少なからず「他者からどう見られているか」が気になり、他者からの評価が「自己イメージ」や「自己肯定感」に影響します。
足りない所が目につきがちですが、口から出る言葉が全て叱責だと意欲が失われます。
伸ばしたい場合は「8割は認め2割を指導する」を一度お試しいただけば幸いです。
一見遠回りの様で、実は効果的です。
1 2 3 4 5 6 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ