マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸を中心に全国で実施します。

RSS

アニメの専門学校での「シューカツ対策講座~応募書類作成編~」

カテゴリ : 学校関係
アニメの専門学校での「シューカツ対策講座~応募書類作成編~」
今年も大阪アニメーションカレッジ専門学校で「シューカツ対策講座~応募書類作成編~」を担当させていただきました。http://www.osaka-anime.jp/square/archives/9984
 
就職活動は自分に向き合う良いチャンスです。
「仕事をするとは何か」「生きるとは何か」など、日頃考えない学生も思考を深めることでしょう。
自分をしっかりと見つめ、「会ったことのない人に訴求する魅力ある応募書類」を作成していただければと思います。
 
受講者の中にアジアからの留学生がいらして、その方が大変優秀で驚きました!
多言語を習得している上に、経営や音楽の知識も深く、日本でもボランティアで複数の楽器を演奏しているそうです。
海外からも学びに来るようになった日本のサブカルチャー。
安倍首相がマリオに扮したように、2020年オリンピックでも『スポーツ×アニメ』の相乗効果で、日本の魅力をどのように伝えていけるのか楽しみです。

『また行きたい商店街No.1へ 笠松流おもてなし』 ~接遇マナーアップ編~

カテゴリ : 研修について
笠松商店街様マナー研修
先日、神戸の和田岬にある笠松商店街様でマナー研修を実施しました。
子供が小さい時はヴィッセル神戸の応援で近くを通っていた懐かしい場所。
商店街活性化の取組の一環として定期的に様々な勉強会をされているそうです!
パン屋さん、カフェ、歯医者さん、食料品店、介護etc…と幅広い業種でしたが接客の本質は同じ。
目の前のお客様をどれだけハッピーにできるか、真心が無いと応用が利きません。
商品を勧める時もネガティブアプローチではなく→ポジティブアプローチを意識した言葉の使い方や、
ユニバーサルマナ―もコストをかけなくてもスタッフの心遣いでカバーできる事例など具体的にお伝えしました。
ワークも和気あいあいと盛り上がり、最後は皆さん理念のこもった心に響く「自己プレゼン」でビシッと締めてくださいました。
2018-01-25 00:00:00

研修とセミナー

カテゴリ : 研修について
メンタルヘルスセミナー

この一年も多くの企業様に研修のご依頼をいただきお声がけくださることに心から感謝しております。
また先日は、大阪府の「OSAKAしごとフィールド」で、経営者・人事責任者対象の「メンタルヘルスセミナー」を実施しました。
満席で、傾聴ワークやディスカッションも大変盛り上がり、メンタル対策への関心の高さを実感。
最後は皆さんの温かい拍手に私も癒された気持ちになりました。
終了後は残られた各社の質問に対応させていただきましたが、「内定者繋ぎとめ研修」から「定年退職者に対するサポート」と幅広いご相談内容に、皆さん「人」のことで悩んでいらっしゃると実感しました。

2017-11-17 00:00:00

東京大学入学式で感じたこと

カテゴリ : プライベート
東京大学入学式

2016年4月神戸から新幹線で東京大学入学式に参列しました。
五神総長はもちろん、小川教養学部長、ノーベル物理学賞の梶田先生のお話がすばらしく、マナー研修などの人材育成や経営にも通ずると感じました。
五神総長の祝辞はメディアでも紹介されていますので、後のお二人について感じたことを書きます。

<小川教養学部長のご祝辞より>

ご自身の経験から「自ら直接体験することの大切さ」を説いていらっしゃいました。

お父様が晩年に認知症を患ってから、かつては繰り返し聴いていたお気に入りの曲でさえ、機械で再生したものには反応されなくなったそうです。
ところが、老人ホームの広間で小川学部長がピアノを弾きながら歌を歌ったところ、それまで不機嫌に黙っていたお父様が、「笑みをたたえて、かつての父のように上機嫌で話し始めた。」そうです。
同じことがお父様にも周りの方々にも繰り返しあり、生の音楽のもつ力に圧倒されたとのことでした。

同様に教育の場で行われる授業も、良き師・良き友との付き合いも「直接、生で」を大切にして欲しいとのお話が印象的でした。マナー研修も同じだと思います。


〈ニュートリノ振動を発見されたノーベル物理学賞梶田隆章先生のご祝辞より〉

自ら問題意識を持ち、10年以上研究を続けて成果を挙げられたご経験から「学問や実社会の最先端に立つと、どんなことが問題や課題になるかを見抜く力、あるいは予期せぬことに出会ったときにそれをきちんと問題として捉える力が必要となる。それらを身に付けてほしい」とおっしゃっていました。

学問の世界ではありませんが、経済界で京セラの稲盛和夫名誉会長がおっしゃる、「開拓者であれ。誰も手掛けたことのない新しい分野を開拓していくのは容易ではなく、海図や羅針盤のない状況で大海原航海するようなもの。」に通ずると思います。

また梶田先生は「10年で発見できたのはラッキーだった。一つの研究を30年以上続けている人もいる。」ともおっしゃり、知性に加え、気の遠くなるような探究心と粘り強さが必要な職業なのだと尊敬の念を禁じ得ませんでした。

私も困難にあっても諦めず、粘り強く、マナー研修を軸に人材育成を究めていきたいと心に誓いました。
2016-04-29 10:02:29

各地の営業マナー研修で感じた地域性

カテゴリ : 研修について
ワンポイントマナー

6月から12月にかけて大阪・京都・仙台・佐賀・埼玉・東京と複数の企業様で「営業マナー研修」を実施しましたが、単一民族&狭い日本にもかかわらず地域性を感じました。
関西や首都圏では自宅に畳が無いという方もいる中、東北や九州では全員が「お客様宅では和室に通されたことがある」とのことでした。
急遽、洋室より和室での立ち居振る舞いを中心に進めました。
電話応対でも、関西や首都圏では語尾を伸ばすと「バカにしている」とクレームになることが多いですが、東北では「伸ばした方が親和性が高まるのであえてそうしている」という方が大半でした。
業界や会社の規模・顧客層により、求められる内容・水準が違ってきます。
来社する顧客の期待値よりも5%アップの応対で満足度を高めていただければと思います。

〈ワンポイントマナー〉
*和室での立ち居振る舞い*
現代では和室のない家も増えてきているので、和室の作法を親から学ぶ機会も減りつつあります。日本人として次の世代に伝えていきたいものです。
◇挨拶の仕方◇
和室では目線の高さで人間関係を図るので、挨拶する時には座布団を外し下座側に正座をし和の挨拶をします。
◇座布団の前と後ろ◇
座布団は一辺が輪になり残りの三辺は縫ってあります。輪の部分が正面で、座った時に膝前が来ます。
◇座布団の表と裏◇
見分け方をご存知ですか?
縫い目のきせで判断します。上から下方向に側地が覆いかぶさる方が表です。
片面に房がある場合はそちらが表です。



2015-12-24 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ