マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸を中心に全国で実施します。

RSS

敬老にまつわる賀寿

カテゴリ : プライベート
敬老にまつわる賀寿

敬老の日ということもあり、主人と一緒に84歳になる主人の母に会いに行きました。
お盆以来ひと月ぶりでしたが、とても嬉しそうな表情で、ずっと話し続ける母を見ると、「これからもできるだけ時間を作って会いにこよう。」と思いました。

今回は賀寿の呼び名についてご紹介します。
「還暦」はよくご存知だと思います。
十干十二支が一巡する、数えで61歳です。
赤には忌除けの意味があり、還暦には赤いちゃんちゃんこを贈るしきたりが
ありましたが、現在の還暦はまだまだお若いです。
職場の方が、代わりにスポーティーな赤のダウンベストをプレゼントされて
大変喜んでいらっしゃるのを見て、気の利いたプレゼントだと感心しました。
(とてもダンディな方でよく似合っていました)

では「古稀」、「喜寿」、「傘寿」、「米寿」、「卒寿」、「白寿」、「百寿」、「茶寿」、「皇寿」はそれぞれ何歳でしょうか。
古稀は70歳 中国、唐の時代の詩人、杜甫の「人生七十 古来稀(まれ)なり」より
喜寿は77歳 喜の略字から七十七と分けて読めることから
傘寿は80歳 傘を略すと八十と読めることから
米寿は88歳 米が八十八と分解できるため
卒寿は90歳 卒の略字が九十と読めるので
白寿は99歳 百から一を取ると白となることから
百賀は100歳
100歳を超すと101歳は「百一賀」、102歳は「百二賀」と毎年祝います。
茶寿(108歳) 茶の字は十が二つと下が八十八となるため
皇寿(111歳) 白と王に分け、白は99、王は十二と分解できるので足して
由来を知れば覚えやすいです。
心を込めたお祝いで素敵な想い出が重なりますように。


2012-09-17 00:00:00

NHKキャスター 矢野香さんの講座を受講しました

カテゴリ : プライベート
NHKキャスター 矢野香さんの講座を受講しました


ベストセラー『その話し方では軽すぎます!~エグゼクティブが鍛えている「人前で話す技法」』著者の矢野香さんの講座を受講してきました。
著書を既に読んでいたので、当日少人数で受講できることにとてもワクワクしました。
ご自分では、NHKキャスター16年目という実績はアナウンスが上手いからではなく「見せ方」が上手いからできたのだとおっしゃっていました。
せっかくですのでポイントをいくつかご紹介したいと思います。
出発点は「どんな人物に見られたいか」ということ。
まずは「他人に与えたい印象」を決めます。
そして自分の第一印象を正確に知ること。
これはお世辞抜きで率直に教えてくれる人がいります。
ここで「与えたい印象」と「自分の第一印象」にギャップがあれば要注意で、
「話す内容」「話し方」「話す声」を改善していく必要があるとのこと。
また、数々の印象形成の実験によると、人が相手に好印象を与える要因は
「親しみやすさ」、「活動性」、「社会的望ましさ」の三つに分けられるそうです。
・「親しみやすさ」…優しい、親切な、面白い など
・「活動性」…堂々とした、積極的な、リーダーシップのある など
・「社会的望ましさ」…信頼できる、分別のある、誠実な など
  
矢野さんによると、このカテゴリーの中で自分が一番強く表現したいものを演出することにより「印象と話し方の一貫性がとれ、信頼できる人という印象になる」とおっしゃっていました。


2012-09-17 00:00:00

キャリアコンサルタント

カテゴリ : プライベート
キャリアコンサルタント

この度、「NPO生涯学習認定キャリア・コンサルタント」
の資格を取得しました。
自分一人の力は取るに足らないものですが、同じ志を持った
仲間と共に、少しでも社会に役立てていきたいと思います。
筆記・論述・面接試験を経て合格に至りましたが、
スキルや理論を体系立てて学べたことが勉強になり、
また「多様性の受容」の精神は元々肝に銘じていたこと
ですので再確認できて良かったです。
専門性を活かし、コンサルティングの質を高めるため、
自主勉強会を重ねてきましたが、メンバーの大半がハローワーク
の方々で志と向上心をお持ちなので刺激を受けます。
働く人の幸福度を高めて生きがいにつながるようなキャリア支援が
できるよう、これからも研鑽を積んでまいります。



2012-08-05 00:00:00

新入職員コミュニケーション・接遇研修

カテゴリ : 研修について
新入職員コミュニケーション・接遇研修

先週、医療法人社団・社会福祉法人 K様にて新入職員対象の
「コミュニケーションスキル・接遇研修」を実施しました。
新人の世代は「相手の立場で理解を深める」経験が少ないといわれています。
人によって求めるサービスは違います。
目の前のこの方は何を望んでいるのか「気付く力」を磨く必要があります。
スキルに加え、自他尊重の物の見方やポジティブ思考法についても
お話ししました。
この業界の離職理由の第2位は「職場の人間関係」ですので、
職場で必要なコミュニケーションや接遇スキルを身に付ければ
良好な人間関係を築きやすくなります。
上司・先輩・同僚との風通しが良くなれば、活き活きと働け
職場の生産性や創造性も高まります。
職員にとっても法人にとってもHAPPYなことだと思います。
どうぞ優しさと誇りを持ってこれからもお仕事頑張ってくださいね。



2012-07-29 00:00:00

フリーアナウンサー 福沢 朗 さん 講演会

カテゴリ : プライベート
フリーアナウンサー 福沢 朗 さん 講演会

先日、福沢朗さんの講演会を聴講しました。
さすがは「話す」プロ。
私も研修や講義では、堅苦しいだけでは頭に入らないので、
笑いも入れて「楽しく受講いただく」を意識していますが、
福沢さんの講演もたくさん笑い、その中にも教訓がちりばめ
られていましたのでいくつかご紹介したいと思います。

一見「ついていない」、「不幸だ」と思えることでも「塞翁が馬」で
その事があったから今があると思える。
大学時代に何年もかけて目指した劇団員は最終選考で叶わず落胆し、
TV局入社後は当時良いイメージを持っていなかったプロレス中継を
命じられ…etc。
しかしそこで嘆いているのではなく、プロレスでは自分が
持っていたマイナスイメージを書き出し、これを全て裏返して
「爽やか、カッコいい」に変えたら、これまで嫌で見なかった人も
興味が出るかもしれないと考えた。とのこと。
何てプラス思考なのでしょう。
その結果生まれたのが流行語となった「ジャストミート!」だそうです。
他の流行語、「ファイヤー!」や「君に幸あれ!」も逆境から生まれたそうです。
劇団を落ちていなかったら、プロレス中継を命じられていなかったら、
今の自分はない。と。

生かされているこの命の意味を考えることが増えましたが、
福沢さん曰くこの世に生を受けた人は強運の持ち主なのだそうです。
生を受ける確率は2億分の1とも3億分の1とも言われている。
(考えてみれば無数の星の中で生命が確認されているのは地球だけですね)
そして強運の人の目の前にぶち当たったものは壁などではない。
壁のように見えるステップだ。
そのステップには手が引っかかり、必ず登れるようになっている。
その時は運が悪いと思うかもしれないけれど,そこを登れば
違う景色が見える、また新しい出会いがある。と。
 -そういう捉え方をすれば、仕事においては失意の中にあっても
  また頑張ろうという意欲が湧いてきます。
そして、その出会いを活かすためには「コミュニケーション能力を磨く」
必要があるとのこと。
具体的なスキルやポイントをご紹介くださいましたが、
そのポイントの中の一つが「表情を豊かにする」だそうです。
大人になると表情の乏しい人が多い。表情が錆びついてしまっている。
日々の暮らしがポーカーフェイスだとこんなにつまらない事はない。と。
私も同じことを感じています。
「微笑んだら損だと思っているのかしら」と思える人もたまに見かけますが、
仕事でも採用側の視点としても表情豊かな人に人間的な魅力を感じます。
前向きな気持ちになれる、人にも伝えたくなる講演でした。



2012-07-29 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ