マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸・大阪を中心に全国で実施します。

RSS

明石ロータリークラブ様で「大人のためのマナー講座」を実施しました

カテゴリ : 研修について
明石ロータリークラブ様での講演

神戸から明石へ。ロータリークラブ様で「大人のためのマナー講座」をさせていただきました。
以前ライオンズクラブ様で講演をさせていただいた時にお聞きくださっていた、神戸新聞の総局長の方がお声がけくださり光栄に思っております。
 
「いい年をしていても知っているようで知らない、あるいは ”これだけは押さえておきたいビジネスマナー” についてお話しいただけないか」とのご依頼に、
「ロータリークラブの方が知らないマナーなんてあるのかしら」と選択が大変でしたが、
クイズ形式で腕試しをしていただきながら、和気あいあいとした雰囲気の中で進めさせていただきました。
事業をしながらも、社会奉仕を実践されている皆様に頭の下がる思いをしながらの講座でした。
 
そして来年は明石城築城400周年とのこと。様々な魅力あるイベントが催されるようですので、ぜひ訪れたいと思います。
 
藤江屋-分大さん、明石名物なのですね。
いただいた手土産がおいしくて、私もまた使い物にさせていただこうと思います。
2018-11-16 00:00:00

神戸の金融機関、支店長・幹部の皆様への研修


神戸の金融機関、支店長・幹部の皆様への研修

神戸の金融機関で、支店長や幹部70人の皆様に「新人の離職を防ぐコミュニケーション」というテーマで研修をさせていただきました。
 
二部構成で、一部は弁護士の先生がハラスメントやLGBTについて、判例を交えて分かりやすく話され、
二部は私が採用や新人研修、学生の授業を通して、この30年感じてきた若者の気質の変化や、効果的なコミュニケーションの取り方について具体的にお伝えしました。
 
仕事柄様々な企業に伺う中で、幹部や社員の皆様の「挨拶や傾聴姿勢」でその会社の印象が決まりますが、エレベーターでお会いした初対面の方が「応接室までご案内しましょうか?」と爽やかに気遣ってくださり、好印象でのスタートとなりました。
 
若手の育成もそうですが、研修は明るい雰囲気で進行した方が効果が期待できます。
金融機関はお堅いという私の勝手なイメージで、反応がないのでは?と危惧して参りましたが、ジョークにも結構笑ってくださり、全体問いかけにも皆様が挙手して意思表示くださり、嬉しく思いました。
 
 
〈ワンポイントマナー〉
 
2019年新入社員意識調査(日本能率協会)によると、
 
新人が「仕事をするに当たって不安に思っていること」1位は「仕事での失敗やミス」(43.0%) と「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」(43.0%)が同率トップで4 割以上。
 
➪報連相を癖づけると、ミスを事前に防ぐこともできます。
 また、新人は「チャレンジしない」「積極性がない」というよりも、失敗を恐れる傾向が強いため、
 業績に影響ある仕事を任されることもまだ少ないでしょうから、「失敗から学ぶこともある」「自分も若い頃こんな失敗をした」と 不安を和らげていただければと思います。
 
「職場の人間関係」は厚生労働省の統計でも常に上位です。
 特に女性は人間関係がモチベーションに影響すると感じています。
 入社後できるだけ早いタイミングで、「あなたたちはライバルではなく、同じ目的を持つ仲間ですよ」と伝え、朝礼や経営理念・フィロソフィー勉強会を通して、「プラス思考」や「素直さ」「感謝の心」など、組織が大切にしている考え方を浸透させる仕組みを実践いただければと思います。
 
「新人が不安に思っていること」「「新人の働く目的」や「理想の上司像」の意識調査の経年変化も踏まえ、効果的なコミュニケーションの取り方を具体的にお伝えしました。
ワークをする時間がなかったのが残念でした。
 
 
〈ワンポイントマナー〉
 
2019年新入社員意識調査(日本能率協会)によると、
 
新人が「仕事をするに当たって不安に思っていること」1位は、
「仕事での失敗やミス」(43.0%) と「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」(43.0%)が同率トップで4 割以上。
 
➪報連相を癖づけると、ミスを事前に防ぐこともできます。
 また、新人は「チャレンジしない」「積極性がない」というよりも、失敗を恐れる傾向が強いため、
 業績に影響ある仕事を任されることもまだ少ないでしょうから、
 「失敗から学ぶこともある」「自分も若い頃こんな失敗をした」と
  不安を和らげていただければと思います。
 
そして、「職場の人間関係」は厚生労働省の統計でも常に上位です。
特に女性は人間関係がモチベーションに影響すると感じています。

➪多くの企業様に伺いますが、入社後できるだけ早いタイミングで、朝礼や経営理念・フィロソフィー教育を通して、「プラス思考」や「素直さ」「感謝の心」など、組織が大切にしている考え方を浸透させ、
定着する仕組みを実践されている所が多いようです。

神戸の金融機関様での研修


神戸の金融機関様での研修

神戸の金融機関で、支店長や幹部70人の皆様に「新人の離職を防ぐコミュニケーション」というテーマで研修をさせていただきました。
 
二部構成で、一部は弁護士の先生がハラスメントやLGBTについて、判例を交えて分かりやすく話され、
二部は私が採用や新人研修、学生の授業を通して、この30年感じてきた若者の気質の変化や、
効果的なコミュニケーションの取り方について具体的にお伝えしました。
 
仕事柄様々な企業に伺う中で、幹部や社員の皆様の「挨拶や傾聴姿勢」でその会社の印象が決まりますが、
エレベーターでお会いした初対面の方が「応接室までご案内しましょうか?」と爽やかに気遣ってくださり、好印象でのスタートとなりました。
 
若手の育成もそうですが、研修は明るい雰囲気で進行した方が効果が期待できます。
金融機関はお堅いという私の勝手なイメージで、反応がないのでは?と覚悟して参りましたが、ジョークにも笑ってくださり、全体問いかけにも皆様が挙手して意思表示くださり、嬉しく思いました。
 
「新人の働く目的」や「理想の上司像」の経年変化も踏まえ、効果的なコミュニケーションや具体的なスキルをお伝えしました。
ワークをする時間がなかったのが残念でしたが、継続して実践くださることと思います。
 
〈ワンポイントマナー〉
 
2019年新入社員意識調査(日本能率協会)によると、
 
新人が「仕事をするに当たって不安に思っていること」、
1位は「仕事での失敗やミス」(43.0%) と「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」(43.0%)が同率トップで4 割以上。
 
対応策として➪報連相を癖づけると、ミスを事前に防ぐこともできます。
 また、新人は「チャレンジしない」「積極性がない」と耳にしますが、業績に影響ある仕事を任されることもまだ少ないでしょうから、失敗を恐れる傾向が強いため「失敗から学ぶこともある」「自分も若い頃こんな失敗をした」と不安を和らげていただければと思います。
 
また「職場の人間関係」は厚生労働省の統計でも常に上位です。
特に女性は人間関係がモチベーションに影響すると感じています。
入社後できるだけ早いタイミングで、「あなたたちはライバルではなくて、同じ目的を持つ仲間、チームの一員」だと伝え、不安や不満があれば相談できる信頼関係づくりをしていただければと思います。
人間関係が良いと生産性は向上するというデータもあります。
そして朝礼や経営理念・フィロソフィー勉強会を通して、「プラス思考」や「素直さ」「感謝の心」など、組織が大切にしている考え方を浸透させる仕組みづくりをしていただければと思います。
2018-11-16 00:00:00

大阪江坂のホテルで恒例の「テーブルマナー講座」を実施しました

カテゴリ : 学校関係
ホテルで恒例の「テーブルマナー講座」を実施しました

毎年恒例の「テーブルマナー講座」の授業を今年も実施しました。
大阪江坂にある東急REIホテル様とのご縁もかれこれ20年近く。先代も入れるともっとに…。
もう打合せ無しでも、阿吽の呼吸で一緒にスムーズに進めることができるので有難いです。
 
クロークや化粧室の使用などホテル到着後の段取りから、着座の方向やナプキンの扱い、さらにはワインのテイスティング方法まで、皆が緊張しないよう柔らかい語り口でご指導くださいました。
スタッフの皆さまも行き届いていらしてさすがでした。
 
「きちんとした食事マナーを知る機会がなかったので、社会に出る前に習えてよかった」と皆が想像以上に喜んでくれて、素直で前向きな若者はどんどん伸びていくと嬉しくなります。

大阪江坂にあるこちらの学校、実は就職も担当クラスのほぼ全員が内定していて、日本を代表する大手音楽会社に内定した学生もいます。
大阪江坂の『キャットミュージックカレッジ専門学校』
長く中にいると、一流のミュージシャンや音響・照明・制作の第一線のプロが講師として学生に親身に向き合う、良い学校だとつくづく感じています。

ちなみに三代目J SoulBrothersの山下健二郎さんは同校ダンス専攻出身です!
2018-11-15 22:00:00

遠方の矯正歯科に通う理由

カテゴリ : プライベート
遠方の矯正歯科に通う理由
<写真はホームページより>

神戸から伊丹の「SMILE ON」矯正歯科まで、かれこれ5年以上?通っています。
矯正はすでに終わっているのですが(5年もかかりませんのでご安心を)数カ月に一度、フォロー点検をしてくださっています。
 
「神戸から何故わざわざ伊丹まで?」話す人皆に聞かれます。それは・・・
技術だけでなくホスピタリティが本物だからです!
先生を筆頭に、受付の方、歯科衛生士の方、皆さんがいつも患者の立場で対応してくださるのです。
全スタッフに理念が浸透している組織はなかなかありません。
 
接遇マナーの仕事柄、「不快な思いをした時は研修ネタが増えるチャンス!」とポジティブに捉えていますが、これだけ長い間通っていると、一度くらい嫌な思いをしてもおかしくないはずですが、回を重ねる度に感心することばかりあります。
感じが良いだけでなく、報連相がすばらしい。患者の情報がきちんと共有されていて、受付・治療室・電話でも誰が出てもすぐに内容を分かってくださるので本当に感心します。
他の歯科医院や病院でマナー研修をさせていただいていますが、何かイレギュラーがあった時の対応で組織の真価が問われます。一つの目標でもあります。
 
周りに矯正をしている人は多いですが、「最初だけ親切で、対応がぞんざいになる」「通うのが気が重い」と耳にします。
長年通うのなら気持ちよく過ごしたい…。そう思ってこちらにして正解でした。
矯正歯科をお探しの方がいらしたら、阪急伊丹駅すぐの「SMILE ON」矯正歯科、本当におすすめですよ。
2018-10-28 11:54:38

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
30年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ