マナー研修で「業績に貢献する自発的な人材・組織」を育てます。大手企業の人事部出身のベテラン講師が、心理面を重視したマナー研修で、モチベーションとスキルを高め、実践的で効果が実感できるマナー研修を神戸・大阪を中心に全国で実施します。

RSS

神戸にてキャリア入社のマナー研修

カテゴリ : 研修について
神戸にてキャリア入社のマナー研修

先月に続き、今週も神戸の河野鉄工所様で2020キャリア入社の方々のビジネスマナー研修。
 
「以前の会社でも受けたと思いますが、当社のスタンダードを山田先生にご指導いただきたい」との社長のお言葉に背筋が伸びます。
 
いつも最寄駅まで車で送迎いただき、
ウェルカムボードに気持ちが上がり、
ランチはお弁当をご馳走になりながら、受講社員さんとコミュニケーション。
これも本音が聞けて距離が縮まる貴重な時間です。

帰りもいつもの様にオフィスの全員がお見送りくださり恐縮。
行き届いているにも関わらず、毎年全員がフォローアップマナー研修を受講されます。
 
社内の研修室も感染防止対策が徹底されていて、何に対しても妥協しない姿勢に
お客様への仕事ぶりを垣間見た思いがしました。

神戸の企業様の経営計画発表会

カテゴリ : 研修について
神戸の企業様の経営計画発表会

マナー研修を担当させていただいている神戸の株式会社河野鉄工所様にお招きいただいた経営計画発表会。
 
武蔵野式の一糸乱れぬ社員さんの行動に感動!
新人研修ではシャイな印象だった社員さんもこんなに心を一つにして…。
 
何より心が動いたのは、社長の社員重視の経営方針。
「健康を全てに優先」、「身体の健康、心の健康、思考の健康」を始め、
「社員のお陰でこんな時期でもPQ(売上)が過去最高に」、
「利益が出ない時の責任は社長一人にある」、
「全身全霊を尽くして、やりがいのある仕事ができる環境、幸せで安定した生活ができる環境づくりをしていく」
等をお聞きして。思わず目頭が熱くなりました。
 
さらに「朝起きて仕事のできることに感謝し、家族・同僚との絆を大切にし、同じ時代に生きる縁の不思議さと喜びを共有して…」
をお聞きして、全く同感で心が共鳴しました。
 
このような企業様の人材育成に携わらせていただき、感謝と共に身の引き締まる思いがしました。
来月と再来月はキャリア入社の方のマナー研修です。
私も全身全霊でお応えいたします!

大阪の企業様で解除後初のリアルでの研修

カテゴリ : 研修について
大阪の企業様でコロナ自粛後のリアル研修

大手住宅メーカー様のベテランの方々への接遇ブラッシュアップ研修。
 
広い空間で検温、消毒、マスクをして、細心の注意で実施されました。
 
真摯に人材育成に取り組まれる企業からお声がけいただけることが嬉しく、目に見える成果につなげてお応えしたいとの思いで務めました。
 
最後に受講者の皆様の力強く前向きな目標宣言をお聞きし、
人はいくつになっても年齢に関係なく変われるのだと、感銘を受けました。
責任者の方が、事前に熱い志で受講者の皆様の心に火をつけていらしたことを実感しました。
 
企業様とはTeamsでのweb研修が続いていましたが、
今回は双方にとってコロナ自粛宣言解除後、初のリアル研修。
webの良さも認識したつもりでしたが、やはりリアルを上回るものはないと感じました。

大阪神戸でのビジネスマナー研修対応

カテゴリ : 研修について
大阪神戸でのマナー研修対応

新型コロナウィルスにより緊急事態宣言が出て、年明けには想像もしなかった事態になっています。
皆様も影響を受けて大変な思いをなさっていると思います。どうぞ感染されずにご無事でありますように。
私も介護をしている高齢の両親にうつすことがあってはならないとハラハラしながら、細心の注意で仕事をしています。
 
お付合いさせていただいている企業様はきちんとされている所ばかりで、延期のご連絡も恐縮しながら丁寧に事情をご説明くださり、目途が立つところは延期日のご連絡もいただくなど、こんな時こそ企業の品格が出ると頭が下がる思いでおります。
 
先日の新入社員研修では、受講者は間隔を空けてマスク着用、休憩は20分窓を開けて換気。
先週の管理職へのリーダーシップ研修ではMicrosoft teamsを使って初のweb研修。
明日からの新入社員研修は少人数の為、間隔を空けてマスク着用で受講。
社員さんのカウンセリングはMicrosoft teamsに。
大学の資格講座はなくなり、専門学校の授業は5月中旬からに延期。
 
影響は少なくないですが、感染した方の辛さや医療現場の過酷さを思うと、今は生きていることに感謝して、思いやりを忘れずやっていかねばと思います。
2020-04-13 17:23:59

神戸の金融機関、支店長・幹部の皆様への研修

カテゴリ : 研修について
神戸の金融機関、支店長・幹部の皆様への研修

先日神戸の金融機関で、支店長や幹部70人の皆様に「新人の離職を防ぐコミュニケーション」というテーマで研修をさせていただきました。
 
二部構成で、一部は女性弁護士の先生がハラスメントやLGBTについて、判例を交えて分かりやすく話され、
二部は私が採用や新人研修、学生の授業を通して、この30年感じてきた若者の気質の変化や、
効果的なコミュニケーションの取り方について具体的にお伝えしました。
 
仕事柄様々な企業に伺う中で、幹部や社員の皆様の「挨拶や傾聴姿勢」でその会社の印象が決まりますが、
エレベーターでお会いした初対面の方が「応接室までご案内しましょうか?」と爽やかに気遣ってくださり、好印象でのスタートとなりました。
 
若手の育成もそうですが、研修は明るい雰囲気で進行した方が効果が期待できます。
「新人の働く目的」や「理想の上司像」の経年変化も踏まえ、効果的なコミュニケーションや具体的なスキルをお伝えしました。
ワークをする時間がなかったのが残念でしたが、継続して実践くださることと思います。
 
〈ワンポイントマナー〉
本来、叱るべきは叱ってやるのが真の愛情です。が、感情のまま頭ごなしに叱って相手に届かず、結局退職してしまうのは賢いやり方ではありません。
人間、経験を積んで、後になって分かることも多々あります。
伝え方、タイミング、手順を変えることで、随分効果が違ってくることを多くの失敗で痛い目にあって掴んできました。
今はまず、最初に信頼関係を作ることに全力を注いでいます。
「この人の言うことなら」と思ってもらえると、厳しいことを言っても「自分のために言ってくれている」と伝わります。
 
2019年新入社員意識調査(日本能率協会)によると、新人が「仕事をするに当たって不安に思っていること」1位は、「仕事での失敗やミス」(43.0%) と「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」(43.0%)が同率トップで4 割以上。
 対応策として➪労力はいりますが、報連相を習慣づけるとミスを事前に防ぐことができ、やり直しの無駄な時間が減ります。
また、新人は「チャレンジしない」「積極性がない」と耳にしますが、業績に影響ある仕事を任されることもまだ少ないでしょうから、失敗を恐れる傾向が強いため「失敗から学ぶこともある」「自分も若い頃こんな失敗をした」と不安を和らげていただければと思います。
 
また「職場の人間関係」は厚生労働省の統計でも常に上位です。
特に女性は人間関係がモチベーションに影響すると感じています。
入社後できるだけ早いタイミングで、「あなたたちはライバルではなくて、同じ目的を持つ仲間、チームの一員」だと伝え、不安や不満があれば相談できる信頼関係づくりをしていただければと思います。
人間関係が良いと生産性は向上するというデータもあります。

そして朝礼や経営理念・フィロソフィー勉強会を通して、「プラス思考」や「素直さ」「感謝の心」など、組織が大切にしている考え方を浸透させ、「人間力」の素地から作っていかなければならない時代になってきていると思います。
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

現代マナーズ研究会

ビジネスマナー研修
35年以上の実績
〒650-0027
神戸市中央区中町通り
3-1-16 サンビル502
TEL
090-3624-6029

SNS

Facebook

アメブロ